T.REX(T・レックス)


CONTENTS

ARTIST

T.REX
T・レックス


NEW RELEASE

Tyrannosaurus Rex (T.REX)
A Crown of Dark Swansdown
ジャケット写真
  • 2016年9月14日 発売
  • TECI-25713
  • 定価:¥2,315+税
  • 日本初発売
  • 解説付き
  • 英国版オリジナル・ライナーノーツ対訳付き
  • 通常プラスティックケース仕様

T.REXがまだTyrannosaurus Rexと名乗っていた1970年。ドイツのケルンで行われた歴史的ライブ音源が21世紀に蘇る!

  • 後にT.REXとなるマーク・ボランとミッキー・フィンによるTyrannosaurus Rexが1970年4月4日にドイツのケルンにて行ったライブ音源。マーク・ボランがアンダーグランドからロック・スターへと音楽的転換に成功した瞬間が刻まれた、非常に貴重な時期の作品(日本初発売)。
  • 今年初頭に亡くなったデヴィッド・ボウイと並ぶ "グラム・ロックの雄" というイメージが確立される直前の、ロック史的見地からも大変価値のある、荒々しいライブが収められている(T.REXに名称変更したのは同年12月)。
  • Tyrannosaurus Rex名義でのラスト・シングル「By the Light of the Magical Moon」、後に人気曲となる「Jewel」、更にはT.REX名義での最初のシングルに収録された名カバー「Summertime Blues」など、興味深い音源が収録。

詳しくは discography にて。

Marc Bolan
MARC BOLAN PRESENTS THE SOUL SESSIONS
MARC BOLAN PRESENTS THE SOUL SESSIONS ジャケット写真
  • 2016年1月20日 発売
  • TECI-28710
  • 定価:¥2,593+税
  • 英国オリジナル紙ジャケット仕様
  • 日本語ライナーノーツ・解説付き

20世紀のヒーロー、MARC BOLAN (T.REX)から届けられた、70'sの貴重且つ素晴らしい内容のソウル・コンピレーション。21世紀によみがえるマーク・ボランの "スペース・エイジ・ファンク"」の足跡。

  • T.REXで一時代を築き上げたマーク・ボランが手掛けたソウル・ミュージックにフィーチャーした音源をコンプリートした貴重なコンピレーション・アルバム。
  • マークボラン率いる T.REXはフォーク・ロック的なサウンドでバンドをスタート。その後グラム・ロックというジャンルに特化して一時代を築き、後期からボランが亡くなるまではソウル・ミュージックに傾倒し、バンド・サウンドもその方向にシフトしていった。
  • ソウル・ミュージックに傾倒していたマーク・ボランを、当時は、「気紛れでソウル・ミュージックにかぶれた英国人」と非難する向きもあったが、このアルバムが発表されることで、「単なる一時的なソウルかぶれではなく、マーク・ボランは本気だった!」ということが証明されたと言っても過言ではない。
  • 内容的にはマーク・ボランがプロデュースした1973年から1976年のソウル作品を集めたコンピレーション・アルバム。参加シンガーは、T.REXのバックコーラスメンバーで、実質上の妻でもあり、ボランをソウル・ミュージックへ導いた張本人グロリア・ジョーンズ、同じくT.REXのバックコーラスのメンバーであった実力者シスター・パット・ホール、そしてグロリアの実弟・リチャード・ジョーンズの3名。彼らのソウルフルなヴォーカルのバックにマーク・ボラン特有のキラキラしたサウンドが加わり、本当に聴きごたえのある、これまで出会えていなかった新しいソウル・ミュージックに仕上がっている。
  • そして、しっかりと聴けばわかるように、ギターはもちろん、マーク・ボランの声も随所に収録!

詳しくは discography にて。


VIDEO

動画の再生には Adobe Flash Player の最新版がインストール済みで、かつ JavaScript が有効になっている必要があります。